欢迎进入BALMUDA巴慕达售后服务!
巴慕达故障代码

主页 > 巴慕达故障代码 >

巴慕达音箱维修

在线订购
产品详情
巴慕达音箱维修

ALMUDA The Speaker の外見上の最も大きな特徴は、もちろんその光。目指したのはあたかもライブステージを見ているかのような、臨場感を感じられること。

音に合わせて光るだけではなく、音楽が持つ複雑さを表現しようと試行錯誤しました。どのような工夫をしたのかは企業秘密ですが、とても音楽的な光になったと思っています。

同時に考えられていたのは、それらの光が明滅する場所。メインの光源は真空管風のチューブの中に閉じ込め、周囲には支柱、それらを覆う外郭の透明部品。このように、縦方向のオブジェクトを重層的に配置することで、複雑な反射光も作り出しています。そしてもう一つ。

個人的に音楽時代から慣れ親しんできたヴィンテージの音楽機材の雰囲気を持たせようと思っていました。ラジオ放送の始まりとともに生まれ、一歩ずつ進歩してきたそれらの機材は、サウンドはもちろん、外見にも言葉にできない温かみを持っています。私はこれらの昔の機材を会社に持ち込み、デザイナーたちと特徴を解析しました。

ワイヤレススピーカーという現代の道具だからこそ。古き善きものから引用し、温かみのある道具に仕上げたいと考えました。
 

ピーカーは音が命です。ん?本当にそうなのでしょうか。通常のスピーカーは、周波数特性がなるべくフラット、加えて多くの場合、あ、いい音だな、と感じてもらうために、低音と高音を少しだけメイクアップした音作りをしています。しかし、そもそも私たちは、スピーカーから鳴る「音」を聴いているのでしょうか? それとも「音楽」を聴いているのでしょうか? 現代音楽の中核はボーカルです。

BALMUDA The Speakerの音づくりで目指したのは、シンガーの声が感動的に聴こえること。楽曲、そして歌へのリスペクトから音のチューニングがなされました。機会があれば、ぜひ、私たちのスピーカーを試してみてください。ボーカルがとても近くに聴こえるはずです。

そしてこれは半ば偶然なのですが…直径77ミリという大きなスピーカーユニットを上向きに配置した構造と、ボーカル中心の音作りのミックスによって、その他の楽器の輪郭もはっきり聴こえ、かつ抜けが良いというマジックも生まれました。ま、偶然だったのですが。運も実力のうちと言いますし。

 

相关标签: